キカベン
機械学習でより便利な世の中へ
G検定対策
お問い合わせ
   

英語の壁の崩し方

thumb image

日本人のプログラマーが英語圏であまり活躍していないのは、英語の壁のせいです。

中国人やインド人のプログラマーは世界中で活躍しています。もちろん人口の違いはあります。でも、英語の壁がなければ、日本にたくさんいる優秀な技術者が海外や国内の外資系で働いたりオープンソースにもっと貢献できるはずです。

壁を一気に壊すのが難しくても少しずつ削っていけば進歩も見えて立ち向かうのが楽しくなるはずです。

たとえは、プログラミングを学んで異るときに、Google検索を使うことはよくあります。検索結果に英語での記事がたくさん出たりすると、英語の記事だけ飛ばしていませんか?

そんな時に、検索結果で出てきた英語の記事などをなるべく読むようにしていくとだんだん慣れていくと思います。べつに、一語一句全てを理解する必要もないですし、求めている答えば見つかればOKなのですから。最初は一つ二つでも、そのうち全然飛ばさなくても大丈夫になります。

というのも、技術系の記事は英語力よりも、技術の内容を理解している方が重要なので、たとえばPythonの質問をしたとしても、出てくる用語はプログラミング言語で使われているものが多くなり文脈がわかりやすくなっています。

これは、小説などを英語で読むのとは全く異なります。プログラミングの記事を読むのは、例えるならすでに登場人物を理解している上で英語の文章を読むようなものです。しかも出てくる単語の数はあまり多くはありません。

なので、英語の勉強を別物として扱わずに日常の作業の一部として取り入れて慣れていくことを勧めます。

さらに、Googleに質問する時も、英語で質問を書くようにすると検索結果から自分の質問の仕方が良かったのか悪かったのかすぐにわかるのでやる気につながります。フィードバックがすぐにもらえるので覚えやすくもあります。質問するのは能動的なのでより経験が記憶に残りやすいです。

こんな感じで果敢に挑戦していくと自然と上達します。英語だからとスキップしないで読んでみると結構理解できるものです。繰り返しますが、プログラミングについての話なのである程度は背景が理解できており内容もわかりやすいです。

Qiitaだけでなく、Stackoverflowも活用しましょう。ツイッターやredditも英語での情報で溢れています。

最終的には勉強はなるべく英語の記事や本でやる方向を目指すことを進めます。英語の技術用語はやがて日本にも入ってくるのですが、どうしてもタイムラグがあります。最新情報に触れるためには英語文献を読めるようになるのが最善です。

また、技術用語が英語から日本語に訳される段階で意味が伝わりきれてない場合があったりするので、日本語の記事だけで勉強していると、検索結果に出てきた英語が頭の中で結びつかなかったりします。

たとえば、強化学習からReinforcement Learningという英語を連想できる人がどのくらいいるでしょうか。もともとReinforcement Learningという単語を知っていれば、後で日本語の訳語である強化学習を読んでも受け入れやすいでしょう。

他の例では、Amazon AWSのオンラインの文献なども自動で日本語に訳されてはいますが、不自然な訳がちらほら見られます。むしろ、元になっている英語の文献の方がわかりやすい場合もあります。

まとめると、英語のブログや文献を読めるとそうでない人より有利に勉強が進められるのは明らかなので英語を避けすぎず、むしろ積極的に活用して慣れることを勧めます。次第に、チャットなどでの会話もなんとかこなせるようになって会話力も向上するはずです。

最後に、英語の壁は完全にはなくならないです。ネイティブでもない限り、ニュアンスとかは見逃している可能性があります。オンラインの世界ではさまざまな国の人たちが英語を使っているのでわりと誰でも通じるような言い回しが多いですが、ときどきネイティブ同志の会話だったり、アメリカ人とイギリス人の間でジョークを飛ばしているなどの時に笑っていない自分に気づいたりします。そういうときはその場で質問しましょう。次回からドヤ顔で笑えます。

とにもかくにも、英語の壁を崩す作業はやらないよりかはやった方が良いです。では、また。



コメントを残す

メールアドレスは公開されません。